プログラマーズ Live free ,Beyond limit 新体道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

好きなときに好きな様に動くと奇妙に思われるが気にしないぞー。

心身開発をして、座りたくあんったので休んでいると眠くなってきて、「そろそろ帰るかー」という気持ちになる。
しかし、帰ってきたらこうやって文章を書いているのだ。しかし眠くなってきたから寝よう。

 いつでも大声を出して昼間でも稽古できたらいいなぁ。でも、そんなことやっていたら通報されるのが落ちだから、やめておくかぁ。などと弱気になっている自分がいる。 そんなのはダメだなぁ。 やりたいなら自由にやる。 他人がどう思おうとも知ったこっちゃないとなりきれない弱い自分がここにいる。

 今日も誰かがきて、「アーーーーーーーー」と大声を出して走ろうと思ったが、躊躇してしまった。 一回決めたらやらなか稽古の勢いがなくなるが、そんなことでビビっているのだ。どうしようもないやつである。

 考え事をしていて、すぐに大声を出して稽古をしたい。 昼間っから酒を飲みたい人間がいるように、俺はいつでも、体を動かして、ハンドスプリングとか宙返りをしたりしたいのだ。それでも法律に引っかかるからやっていない。

いつでも大声を出して体を動かせる家がほしい。 
スポンサーサイト

2014/12/04 01:59 | 新体道COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

世の中の流れに乗っているだけで、悪事を働いている。

3体勢の行き過ぎをなくして、安全にうまくやる方法。

自然から学ぶ方式で、目標を設定して最適化していくと、行き過ぎになる。すべて任せていく、のもう一歩外側に自分で目標を立てなければ、周りとの関係性において最適化された自分が存在するだけだ。生きているだけですばらしいと考えるならそれでもいいだろう。しかし、生きているだけですばらしいなら、周りに悪い人間ばかりがいたら、それに染まっても全く現序を変えず、ただ生存という目的のために何でもする存在になることを許容するということだ。
 新体道では柔らかく動くことを養気体といってよく練習する。方向性がない周りに合わせることだと定義している。だがやり過ぎると腐る。弱い養気体とはやればやるほど方向性がないので、周りの流れの影響をうけるだけでその流れによって周りを侵食し、流れを作り出さないので、自分に働きかけていたものまで破壊して、何も流れがなくなってしまう。これが弱い養気体である。
 周りに影響を受けているだけだから、私に善悪は関係ありませんという主張は成り立たない。川上からしょっちゅう川津波が起こるなら、そのいずをなくしてしまえというのが川下の論理である。これを知らずに、容器体ばかり練習して、川上の言いなりになっている間だけ生きて行こうというのが、近頃流行っているすべての体を使った商売の主張である。素直になれば金が入ってくる?そんなに何も自分の目標を持たないただの水のような存在を多く作りたいなら、目的を持って、あらゆる存在の争いを構成に調停して、それぞれの命が各自が楽しめるコミュニケーションを互いに取れるようにするという俺とは対立するから、俺は奴らを消す。
 
 体勢というのは、回路の状態であって、必要なときにその状態になれることだけが重要で、完璧にその体制だからといって正しい訳でもない。

 悟りという意味では、何かになりきるだけで達成できるのだろう。しかし、悟りを人間として使いこなすためには、人の間のコミュニケーションの方法の最も公正な状態の条件を知らなければ、自分の医師で使いこなせない。知らずに公正に使うなら、知っている奴の奴隷になる以外はない。

 特に新体道の稽古人に当てはまることだが、稽古することが目的になると、ある体勢になることだけを練習して、それを使って日ごろどうするかというのがちっとも出てこない。俺は、 user experience に新体道を当てはめられないから、どういう画面を作ったら SRNSがヒットするかわからないというところで大いに悩んでいる。もし俺より新体道が上手な人間がいるというのなら、この問題に当てはめて解決してみてほしい。 俺は、SRNS計画完遂のために稽古をしている。良い大衆扇動者になって早く完遂したい。HTML5を新体道で分析してその範囲のUIの組み合わせの指針を新体道並に体系的に把握したいし、プログラミングにもそれを伸ばしていきたい。最も公正なコミュニケーションの手段の実現のために今日も稽古をしたし、明日もする。
 ここ2週か1ヶ月ぐらい 毎日1時間以上 開放体正座をしている。最近はすっかり悲壮感をなくして、楽しみの先にSRNSを置いて素直に進んでいるから、ずっと稽古量も増やしている。一人稽古で多い先生と週に4回組手をしていた時よりも稽古をするようになれば、劇的に変わるのだろうが、そこまでではない。楽しみに従って加速度的にジリジリとあせらずにやることに重点を置いている。

2014/11/08 21:13 | 新体道COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

努力できない人間はHALTであり、それを避ければ努力できる?

主に 食べる量を減らしながら、エネルギー吸収系をやっている。

眠たくなったら、眠る勢いに任せて、地面のそこからエネルギーを吸ったり、光からエネルギーを吸ったりするイメージを持っている。

光の方はまぶしすぎるのは避けて、朝日を主に吸収している。


覚せい剤中毒の治療の指針としてHALTを避けるというものがある。
Hangry 空腹 Anger 怒り Lonely 孤独 Tire 疲れ が努力するやる気を奪う。
しかし、幸せを感じていると努力できるのだ。

努力 = 幸せ + HALT

だとしたら、 努力したまま HALTな状態になると 幸せだけが沸き上がってくるというのが、新体道で体験できることだ。
この努力というのが一面的であれば、完全な幸せに離れないけれども、無限の彼方に目標をおいて、全身全霊でブル枯れる指針を提供すればできる。

 もっと、食べなければいけない量を減らしたい。
休むときに躊躇なく休める人間にもっとなっていきたいし、そうなっていると思う。

2014/11/05 20:40 | 新体道COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

新体道剣術9箇条

大して理解できないが、新体道でなにか作る方からすればどうやって作ったかは理解できる。
そもそも俺はこれがなんのためにやっているのかさっぱりわからなかったのだが、なんで必要なのか完璧に言葉で説明できるようになったので、説明する。
 稽古人にとっては、こんな簡単な稽古なんでやっているのか意味がわからない稽古だと思うが、このような理由でやっている。やっているうちにわかるようなものでもないので、俺は言葉で書いておく。

まず、最初に攻撃する方 打太刀 後から反撃する方 仕太刀とする。
攻撃部位に関しては、論理的に矛盾するもの以外どうだっていい。

1箇条
 これは攻撃されたら適切なタイミングで狙った場所に反撃するという意味だけを取り出したモデルケースである。だから、2箇条以降に1箇条の要素は含まれている。
以降前の条件の束縛は継承される。前の条件を束縛する場合、実践で技に失敗したら、そこからそれぞれの束縛を外して抽象化していくと、過程のどこで失敗しているのかがわかる。オブジェクト指向によってデバックしやすくしているのだ。
 1箇条は大上段対上段でやるのが普通だけれども、学習できれば不自然でない技同士の組み合わせならなんでもいい。
2箇条
 これは打太刀の攻撃に合わせて仕太刀の選択の制限が狭まった場合の返し方を学習する
3箇条
 仕太刀の構えの高さが変化した場合の対応 特に膝行に移った時の自分の当たり判定の変化を学習する。
4箇条
 これは反応したタイミングや速度によって技を変化させる練習である。主に遅れても遅くても正確に対応すれば相手と合わせることができる自由があるというのを学習する。突きはリーチの変化が一番難しいのでそれで学習することによって、手元に余裕がある他の技で楽に対応する。
 典型例として一番難しい技を指定するというのが、新体道の型の設計思想を受け継いでいるのだ。練習しやすいものをまず出来るようにしてからではなく、難しいが明確な目標を最初から立てて、それに向かって努力させるという設計思想が個々によく現れている。
その一が仕太刀が余裕を持って反応できた例で、2がより技を出すタイミングが難しい受け突きである。 単純な自由度の高い例を先に出して、後から制約が強いのを出すというのも、9箇条全体の組み立てにもここの組み立てにも現れている。
5箇条
 勢いがついて同じタイミングで切っ先が相手に届くように斬り合った時の技の選択 相対速度の関係で相手から動ける範囲が非常に限定されている場合。
6箇条
 これは難しいステップを利用した技の典型例である。
7箇条
 技の大きさについて、どんな大きくかけても、小さくかけても、上手くバランスのとった「正」であるということを学習する。
8箇条
 足場の制約があった時に、一回目の攻撃をかわされるのが前提で踏み込まざるをえない時間の制約もある状態である。時空について打太刀にも仕太刀にも制約条件を課している。仕太刀は打太刀にタイミングを任せられるのが通常だが、仕太刀がどうしても仕掛けて打太刀を戦いに引きずり込まなければいけない時の例である。
9箇条(あまり自信がない)
 流れに合わせて、連続で適切な技を出していく練習。一撃必殺であるが、その状態を維持しながら流れの中で戦う。剣武天真流でいうところの、二人組の連続組立ちである。8までは殆ど単技の範囲内だが、9で明確にその範囲を出ると思う。9の段階ではまだ単純に分解しきれていないという一つの指標でもある。






2014/08/26 23:00 | 新体道COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

技が効かない

流れができていればどんなに間がしまっていなかったり、とういつしていなかったり、一生懸命でなかったり、大きくなかったとしても技が効いてしまう。
通貨はエネルギーの流れそのものだから、どんなに効くべきでない技も効いてしまう。だから危なくてしょうがない。

どんな情報も横棒と結びついた流れを持っていれば、正常な通貨の発行者同士の競争が起きる。
それをさせようとしている俺の技が効いていない。
今日からフレームワーク開発をする。

2014/01/07 21:44 | 新体道COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: