プログラマーズ Live free ,Beyond limit Currency

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

経済は資本主義の観点から見れば衰退するという人に対しての論評

http://www.gentosha.jp/articles/-/7151
http://www.gentosha.jp/articles/-/7512

それは労働階級の搾取と同じことで、農村システムを破壊し、労働力を動員するさいに、賃金を現状よりも高く与え、それで取り込み、しかし、労働生産価値の一部しか賃金に反映させず、残りは資本に対する利益として計上する、または搾取すると言ってもよい。



労働者の生産価値の一部しか労働者に渡さず、残りを資本家が吸い上げるということになっているが、
使われている貨幣で評価できる部分が少なくなり、なおかつ価値の交換が使われている主な通貨一つのみでしか行えなくなってくると、その部分は誰にも評価できなくなる。

吸い上げられた価値がまた誰かによって使われるなら問題ないだろう。しかし、このモデルでは、価値を交換するときの変換ロスと、非主流な評価基準体系が主流な貨幣を使うためにそれを維持するための労力を奪われて非主流な評価基準体系が消滅することは考えられていない。

 自分の使えない価値が自分から消えることは問題ない。

資本蓄積が進み、一人当たりの所得が増えれば、消費も増え、貯蓄も増える。ケインズ的に消費性向は所得の上昇につれて低下すると考えれば、貯蓄率は上昇していく。それは資本蓄積をさらに進ませる。そして、さらに所得が増える。



「利子生活者の安楽死」:資本主義の後退局面

 こうして十分に資本が蓄積されてくれば、ケインズが「一般理論」の中で述べたように、利子生活者の安楽死、つまり、資本が余って、収益率が低下し、最後には投資収益率はゼロになり、それに応じて、利子率もゼロとなるだろう



これ自体がありえない。 資本主義== 完全に定量的に変換可能な通貨同士のみがすべて価値を表現できるようにするという志向 だとして、それが人間の価値基準を運用する能力と合致しないので、労働者側が搾取されやすくなるので、ちっとも貯蓄は向上していかない。だから、ケインズは間違っているし、この論に乗っかっているこの著者も間違っている。

 

経済発展とは、循環の終局において、つまり衰退局面において、断絶が起こることによってではなく、むしろ逆に順調に量的拡大が起きている局面において、断絶を伴う新規参入が起こることによって推進される



断絶とは、資本の多さによって勝負が決まらない局面でそれは、需要の拡大のみでおこなわれるというのが著者の見解だ。

経済が完全に崩壊して、ゼロスタートとなった場合には、断絶から無、そこからの発展というのはあり得る。しかし、そうでない通常の経済発展においては、大きな循環の中で、その中で断絶を伴って成長が起こる。この場合、消費者あるいは需要サイドの量的拡大がないと、断絶を伴う新規参入は起こりにくい。



それが続いてきたからうまくいったんだからこれからはうまくいかなくなる? そんなことはない。
現状の搾取が続いたとしても、資本家が必要としていない価値の通貨性を高められれば、別にそれは労働者側で個別の通貨権を構築して生活すればいいのだ。
 今の構造縮小してなくなるわけではなく、それぞれの通貨権を維持する労力の配分のされ方と、それらを操るための道具の発展によって、それなりの経済規模が維持される。
 
スポンサーサイト

2017/04/22 17:49 | CurrencyCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

与えられた遊びを疑いもなく購入するのは人間じゃない

昨日はヨットの大先輩と話して、俺の考えていることには全て前例があり、それほどおかしいことをやっていないということがわかった。
 どんな遊びでも、1.遊びを考え、2.遊び道具を作り、3.遊ぶという段階があるけれど、道具を買って遊ぶということだけをやっていると、金だけ出せば一緒の遊びをできるという意味でしか友達にはなれない。その前の段階は金以外のコミュニケーションをする必要が高いけれども、それをやるには気力がいるし、ある程度の生活の余裕がなければやりにくいと思われている。
 オープンソースソフトウェア活動をしていれば、2はやるが、俺のように、1やそれ以前の問題を作るという0段階に近くなるほど人数がいない。
 この記事のように、貧乏人の生活レベルが上がって3のみをやると、1・2で育つ共通の文化がないままに自由だけ与えられるから、権力者からすれば金で制御できないだけだ。
 今は、1と2を自力でやるだけの考えの幅を維持しながら、金を稼ぐのがすごく難しいように思う。金という評価の管理者同士が他の評価の管理者と自由に競争していないので、それに合わせるということ自体が不正なのであるから、そういうことをやれば創造力はなくなる。金を稼ぐには、それを肯定することが概ね必要であるが、今はマネーサプライが多すぎて、たまたまイレギュラーに金が入っても、それを使い切るために一生かかるので、必ずしもそうとはいえない。
 考えの幅を維持することをすっぱり諦めて、3をやる金を稼いで、つかの間の連帯感を得て、「俺はまともに生活している。お前らも税金を納めろよ」などと言って好きなことをいやっている人間を見下していれば孤独感にさいなまれることもないだろう。しかし、ひとつの評価に準じて他人から収奪し、それを肯定するときに、その競争が不自由であるなら、時の運に任せてたまたま勝っているということを忘れてはならない。しかし、大半の人間はそれを忘れている。

2014/06/05 05:09 | CurrencyCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

Another sky, Another Currency

その時代ごとに生活に必要とされるエネルギーは違ってくる。
一定以上のエネルギーを一人の人間に投入したとしても、性能が向上するわけでもないから、その均衡点が何時の時代にもあって、それを生活に必要とされる最低限の生活レベルに私はしたい。今現在は生きていけさえすればいいというのが多くの人の考えだが、少しづつ変わっていっている。いずれは、能力向上いっぱいまで与えるという考えになるだろうし、俺もそうしたいと思っている。

 電気 インターネットの無料導入をやろうとしている一方で 水に関して逆行しているし、土地についても逆行している。この点は非常にまずい。自らが持っている所有という概念が自分を苦しみているようだ。


 国家の生死の回転を早くして、ありとあらゆるところに国家を建設するためにはこれらが達成される必要がある。
電力については、単なる技術革新でなんとかなるけど、土地については、自分が絶対に専有しなければならないと思う空間が大きければ大きいほど大変だ。

http://v.youku.com/v_show/id_XNDg5MzM3MDA4.html

こういう動画を見ていると、いつまでたっても、この調子じゃ終わらないと思う。話し合いが面倒くさい。快適にしなければどんな権限分配も最適化されない。

 所有してなければ気がすまないという恐怖は簡単に克服できると思う。今の日本では、水道をひねれば必ず水が出てくると疑わない人間が多く住んでいる。水のことをいつも考える人間なんて先進国にいやしない。縄文人や水が得られない地域の人間にこんなことを行ったら、絶対にソンア恐怖を克服できないと言うだろうが、人の心はそれほど本能レベルで環境にすぐさま影響されやすい。
 猿に蛇を投げると非常に怖がるとかイノシシに傘を開くと左右に曲がるとかそういうことは書き換えにくいんだろうが、衣食住 土地 インターネットに関する心配はそこまで深く刻まれていない。人間は敵の認識はそう簡単には変えられないけど、所有は後付だ。より多く所有したいのは本能だけれども、できないとわかれば新たな本能の見かけに変化する。それが新しいシステムでの戦いなのだ。

 ただ自分のものにしたいという本能は、融合したいという本能以前の物質すべてが持つ性質に端を発している。だからそこは決して変わらない。けれども、それが法的に所有することを見と守られているものをたくさん集めたり、みんなが注目しているものだけを持ちたがったりと変化していって、それの新しい変化があるっていうだけだ。検索ワードの所持であったり、旧態依然とした所有であったり、友達の数出会ったりフォロワーだったりするけれども、互いにどの要素も同程度の両替の難易度担っていくのだから、一言で言えば多様化する。他人の天が身近になるんだ。
 

2013/12/06 12:17 | CurrencyCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

なぜ 通貨でより多くの範囲を急に制御するようになることが支配者にとって怖いのか?

「現在出ている、すべての金持ちの心構えを解説する本は、中央銀行という結びを肯定するための内部表現の書き換えを行うために書かれているが、通貨の神を純化するという方向性が失われているのが大問題である。純化する方向が書かれていれば、急速に支配者の食い扶持を奪うことになるので、それをしっかり避けて書いている。今はまだ、強力な言語を個別に支配している段階で、検索エンジンとネットで出来るゲームのアイテムの売買の2つは為替市場以外で全く統合されていない。したがって、これ以上の上位概念で統合する方法が急速に広がるのが怖いのだろう。」
と書いたが、なぜ怖いのだろうか?

 現在の社会は、今まで存在した価値観で統合できる名いっぱいの大きさに膨張している。現在までにそうした膨張をずっと続けてきて、統合力は社会体制によっておもに生み出されてきた。もちろん、膨張するたびによいことも悪いこともあったが、急激な社会変動は不快感を生み出す。人間は開館より不快を4倍感じるようにできているからそうなっている。
 なので、変動はゆっくりとした上昇を描くのが一番よく急激な社会変動を起こすことで人類全体の不快感を増すので、お金の良い面だけにスポットを当てたときには、みんながいい感じでイケイケどんどん出消費をしてくれたほうがうまくシステムが回り、それを阻害することを避けようと努力しているのにぶち壊すとは何事だと、資本主義を応援する人たちは言う。逆に悪い面からいえば、そうやって管理して権力を握っている人間たちが、ちゃんと管理しなきゃいつ下々の人間が暴走しだすかわからないから、希少性のある一つの持っているだけで快感を発生させるものをみんなが求めることによって社会が統合されるようにしておけば、大体安定して奴隷を生産できると考えているんだろう。エリクサーとかオリハルコンとか一つの貴重品ですべての快楽を感じさせることができれば、それさえ持ってればいいけれども、いまのお金じゃ貴族的な地位を手に入れたという快感を生み出すことはできない。だから、それぞれの分野で重要な存在を押さえておいて、それを使って意思を統合している。みんながお金を求めるように、高貴さだと言ったら天皇家だとみんなが思っていれば、高貴さとか伝統を受け継いでいることによる安心感とか正しさという分野では、天皇を押さえておけばある程度何とかなるんだということになる。

 個別の通貨圏よりは、天皇制のほうがほかのシステムから強固に支えることが難しい。通貨は自分の通貨がダメになりそうなら、外貨準備とかで対応することも可能だけど、天皇家の権威を1か月で急に高めたりすることはできないし、政治介入をしたらそれだけ値打ちが下がるので乱発することもできない。そういう点で大幅に違うから、メンテナンスが難しい。
 スペイン王室が代表的ではあるけれども、放っておくと王室の権威はどんどん落ちてしまう。王様はやっぱりお金のことが心配だから、財産が少なくなれば危ない橋を渡るし、そうするともっと権威がなくなってお金が無くなるという悪循環に入ってしまってすぐおしまいだ。日本の王室は、隠し財産もそれほどばれず何とかやってきたけれども、今までさんざん天皇を利用してきた政治家の天皇を使う知恵というのがとっくに底をついてから10年ぐらいたったと思う。政府が補償できない問題に一時的に蓋をしておくことによって、鎮静化させて解決コストを下げることに大いに貢献してくれたが、最近のもっぱらの仕事は、右傾化した思想の持主でなおかつ天皇がいるからこの国は偉いんだと考えなければ何も行動できない人間をやる気づけることになっている。こういう人間をやる気づけるには、直接意に反することはやらせず、どの程度右傾化するか儀式への参加の軽重によって制御するしかない。
 日本人は~~をしてきた民族で、日本人はそれによってどういう影響を受けやすい。自分にとってそれはどれぐらい影響しているのかを省みる時に、探索する範囲を特定する材料として民族の特徴を使鵜ことはよいが、日本人はこうだから、自分はここが優れているという試行にまで短絡化すると間違いが起きる。天皇が制御できるのはその短絡思考の穴によって自分の強みを把握できず、それを自分のいる地位の実際にはない優位な点をかさ上げして認識することによって、自我を保つ人間のかさ上げする場所を指定することだ。日本人だから礼儀正しいという語認識を持つなら、行動するときに礼儀正しいという認識を他人にしてもらいたくて、常識を本来よりも過剰に自分の中に取り入れる。その常識のうち、世間一般で実際になされている常識は権威者に制御できないが、社会的糾弾が起こる方向を制御することができる。理想の常識の大まかな共通認識は変えられないが、細かい認識を小さな行動で示すことによって変更できる。たとえば、これぐらいならサボっていいのかなと基準が不明確になっている人間に対して、小和田雅子ならこれぐらい休んでいるからよさそうだな。いろいろ考えて判断することが嫌な場合は、心が弱い人に対して接する思想は、金を与えてゆっくりさせることだなと思わせることができる。ここで、無理に働かせるがデフォルトだった人間の行動をこのように書き換えることができるということは相当な影響がある。
 もちろん大多数の有名人にもそれはできるが、鑑賞できるクラスターが年寄りに向いていることと、最近はネット右翼のそういった部分にも鑑賞できるようになって、一時的に観賞力が増して、度重なるミスによって本体の力はほかの王室に比べて早く下がっている。
 最近やった有名なミスは、力を発揮するタイミングをピンポイントに絞って表だって影響を行使した、宮内庁長官へのメッセージが、表立って行動したために、とてもコストパフォーマンスが悪くなって、蓄積した力を一気に使って弱体化した瞬間だ。謝罪するときに社長がすぐ出てくる会社は二流であると、大学の消費者法の先生が言っていたが、権威者は隠然と力を行使するなら旧来型の権威者として力を保てるが、表立って自分の責任範囲を明確にしたうえで力を行使するなら、多くの人に責任関係を認識された後でとても糾弾されるリスクが高くなる。だから、倒したければ、他人を攻撃せざるを得ない状況に追い込んで、大っぴらに攻撃させまくることで力を奪う方法が考えられる。もちろん、ほとんどの場合は世論は王室の味方なので難しいが、日本国内でイギリスの共和主義者のような言論が普通にできるようになって来れば、そこからの王室の没落はあっという間だろう。日本人は相手を巨大に見積もりすぎるが、実態は結構な僅差でのパワーバランスだとおもう。それに気が付いて少しでも共和主義者が有利になればあっという間に寡占状態になると思う。特に日本人はそういう性質を持っている。

 最初に話を戻すと、今のお金で制御できない範囲の通貨で天皇が持っていた権威を制御するようになると権力が奪われるということと、それらが簡単に両替可能になると、いまの一人の人間が市場をぶち壊せる世の中では、生命維持や社会安定のためにより必要な価値観をだれでも揺さぶれるようになって社会が不安定になるから、怖いのだ。

2013/11/04 08:17 | CurrencyCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

The world largest search engine is central bank.


We are receiving information after discriminated by search engine. These engines are being outside and inside of bodies. Outsider engines are Google and other internet searching engines. Insider engines are mainly your brains. But discriminating outside and inside is ambiguous. Information though 4 walls inside and outside wall of opponent, Then outside and inside of receiver's wall.  In addition human is easy to believe and want to believing, "I am effected by insider wall, and I can control it very well.". That is the biggest weak point of human. This effect of problem[ can divide two tow aspects. One of these aspect is, wall is difficult to recognize, and tuning for it is difficult too. Usually we call this tuning "communication". The another aspect is difficult to see from other people.

Definition of wall in this sentence is from Ghost in the shell.

2013/02/09 17:13 | CurrencyCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: