プログラマーズ Live free ,Beyond limit 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ガチャ規制の是非

google doc説明図

コンプガチャ
ガチャ

依存

パチンコ
依存症になっている人はお金の投入の時点でお金を払っているとは思わない。
他のところから借りてきているだけ。

ゲームの機会に参入するため何かの投入すると、
利益があるという刷り込みによって中毒に陥る。 何か入れればいいものが帰ってくる 何かに対して自分が苦痛を払っているとすぐに認識できない というディレイがある。

結果で得る利益
お金 パチンコ  パチンコから女への変換過程が 外部化される。 パチンコ屋の外の歓楽街でやる。
アイテムから女へのつながりが強い    ソーシャルゲーム 歓楽街の内部化
ソーシャルゲーム業界は夜の街まで敵に回している。


結果の刷り込み
ゲームに参入するための何かを持ってくれば、利益が得られる。

ゲームに参入するための何かを後払いすると、苦痛が軽減する。
トレーディングカードは要らないカードの現物がすぐここにある。
要らないカードを買って嫌だなーという実感がある。


といった違いがある


規制の方法

年齢
就労年齢  自分で稼いでね もう自分で責任取れるでしょ
成人 保護者の問題 保護観察権が及ぶまでは親が規制できるようにするべき

できるだけ金持ちの子供からお金を引っ張りだすために、
親の年収によって責任取らせる範囲を変える ということが一番大事

生活保護にかかっていない家庭はそこまで払わせるべき、
それに対して、親が子供に帰省したい場合は 月額 年額などで、いくら払うか制限できるようにするべき、
最初は、制限がかかっているが、親が許可することによって無制限になるといった方法を取るべきで一律に年齢のみで規制するべきではない。

許可制にすると許可が面倒だとか、なりすましとかの問題になるであろう。国民総背番号制やどの程度厳格な本人認証システムを取るかによって、収益に増減がある。確認の厳格さに検討の余地あり。
スポンサーサイト

2012/05/09 01:45 | 社会分析COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: